読む国会

国会・政治をわかりやすく解説するメディア

雑記

国会や政治に関連のない記事。個人ブログ時代からの名残。

安倍総理の発言を AI に要約させたらこうなった

国会マニアにはお馴染みだろうが、安倍総理の答弁は、聞いていてもよくわからないが、議事録で読むとさらにわからないことで有名だ。 そもそも、最初の質問については、福島委員の質問だろう、こう思っておりますが、法律を潜脱していて、脱法的な疑いがある…

「アベ政治を許さない」に感じる違和感

www.asahi.com 金子兜太さんが書かれた「アベ政治を許さない」という文字は、様々なところで用いられ、未だに政治的なプロテストの場ではよく使われている。 その成立の経緯については充分に理解しているし、敬意を払いたい。 しかし、私は、「アベ政治を許…

西日本新聞にはデータリテラシーがなかったのか?

なんとなく気になったので。 この西日本新聞の記事に対して、 上記のような批判があった。 筆者の主張 ざっくり筆者の主張をまとめると、 そもそも毎月勤労統計は不正確な指標である サンプリング手法の変更は、よりデータを正確にするために行ったのだから…

読む国会について

読む国会は、国会をわかりやすく伝えるための政治メディアです。 主に日本政治と国会開設の二本立てでやってます。更新頻度は高いときと低い時があるのでご容赦ください。 Twitter でも時々つぶやき中 国会に興味のある方にお勧めエントリ www.yomu-kokkai.c…

野党のパフォーマンスは悪なのか?

とりとめのない話をする。 昨日、立憲民主党の衆院議員、尾辻かな子さんが、セクハラ被害者に対して連帯を示すために、アメリカの#metoo運動になぞらえて(あるいは、それに連帯したアメリカ民主党の議員になぞらえて)黒い服を着ることを提案した時、私はど…

そしてオオカミ少年は扇動家になった

前回の記事には、ありがたいことにほとんどの(記事をきちんと読んでくれた)方からは同意の反応を頂いた。 一部、「安全保障はいろいろな可能性を考えるべき」「スリーパーセルがいないとは言っていないのだから議論をしないのは危険」「実際にテロが起きた…

三浦瑠麗氏の「スリーパーセル」発言に含まれた数々の矛盾について

三浦瑠麗氏がフジテレビ「ワイドナショー」で発言した「大阪に多数のスリーパーセルがいる」について、批判が集まっている。 三浦氏は、ハフィントンポストの取材に答えた上で、批判に応える記事をブログに上げている。 冒頭申し上げておきたいのは、北朝鮮…

憲法九条改正は全く不要である

日本国憲法第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを…

「政治」「選挙」を知るための、おすすめ映画

アメリカ映画 スミス都へ行く スミス都へ行く (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 古典中の古典であり、「政治の映画って?」と聞かれれば誰もが真っ先にあげるだろう。巨匠・フランク・キャプラの名作。 この…

政治を学ぶ人へのおすすめ本・書籍14冊【まとめ】

入門 政治学の名著30(佐々木毅) 政治のことがよくわからないまま社会人になってしまった人へ(池上彰) 職業としての政治(マックス・ヴェーバー) 自民党を知る 自民党―政権党の38年(北岡伸一) 昭 田中角栄と生きた女(佐藤あつ子) YKK秘録(山崎拓) …

三浦×久保戦の△6七歩成は、なぜ「人間ではありえない手」ではないか

R2000〜2100というのは、アマチュア四段。24、クエスト、ウォーズ、だいたい同じくらい。R2700でアマチュアのタイトルホルダークラス。プロの平均が3000前後だろうか。 上位3〜5%くらいだと思う、多分。もちろん元奨とかになるともっと強い。 前回は渡辺×三…

三浦 x 渡辺の対局を本当に「ソフト指し」と断定してもいいのか

(追記) 本記事は決して三浦九段の無実を証明する趣旨のものではない。 「これは人間ではありえない手だからソフトに違いない」というような断定的報道に対抗するものだ。 ソフトはより「人間らしい」手を指すようになっている。(今回利用されたと言われる…