読む国会

国会・政治をわかりやすく解説するメディア

英語を学ぶなら、イギリス議会を見よう

イギリス議会を見よう

イギリスの議会というのはなかなか面白い。

日本も、党首討論の導入や政府委員の廃止など、イギリス型の議会を目指した節はあるのだが、ディベートの素養がない日本の風土ではなかなか難しいのではないか。

現代はありがたいことに、動画によって世界中の議会を覗くことが出来る。もちろん、イギリスもだ。

Youtube に主要なものは上がっているのでぜひ見てみてほしい。いわゆる BBC イングリッシュの綺麗な発音の議員も多く、筋の良い英語の勉強には最適である。

 

www.youtube.com

 

この動画は、つい先日メイ首相が解散総選挙を決意した際の、党首討論(クエスチョン・タイム)である。 

www.youtube.com

 

野党第一党の党首が首相を追求し、それに対して首相が受け答えをしていく。白熱の応酬だ。

日本では党首討論は自民党の反対によりめったに開かれないが、制度の趣旨からいえばやはり毎週行うべきではないか。

ディベートは育ちと頭の良さ、教養が出る。イングランド出身でオックスフォードを出ているメイ首相の英語は聞きやすいし、労働党のコービン党首は労働者階級の出身のため、ディベートという点では不慣れな点が見受けられ、それが支持率低下につながっている。このように、ディベートの能力が重視されるのがイギリスの議会だ。

メイ首相の英語は本当に聞きやすいので、英語の勉強にはもってこいである。

 

英国議会の特徴

轟々たる野次

とにかく野次が凄まじい。賛意を示す声も、ジョークに対する笑いも、嘲りも、日本よりも遥かに大きいし、賑やかでなかなか楽しい。

 

 

小粋なジョーク

www.youtube.com

 

キャメロン、ブレアなんかは結構ジョークが好きな人だった。さすがはイギリス、という感じである。

 

とにかく早口

オックスブリッジ出の議員ほど、話すのが早い。とにかく早い。ケム川仕込みである。

 

英国議会の人々

テリーザ・メイ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5c/Theresa_May.png/220px-Theresa_May.png

今の首相。惚れ惚れするようなキレイな英語を話す。

党首討論でも、余裕たっぷりの受け答えであり、名演説家だった「鉄の女」の再来を感じさせる。余談だが172cmと意外に背が高い。

 

ジョン・バーコウ

www.youtube.com

庶民院議長。議長の果たす役割は日本よりも遥かに大きい。

笑顔が素敵。

https://ichef.bbci.co.uk/news/624/media/images/83072000/jpg/_83072130_bercowlaughs.jpg

トランプの訪英に反対する演説を行ったことでも名を上げた。一本筋の通ったなかなかの男である。

 

ボリス・ジョンソン

www.youtube.com

イギリスのお騒がせ男、ボリス。でも生粋のエリート&秀才だけあり、英語は聞きやすい。スピーチも上手いのである。

政治家としては株を下げたが、議会での存在感は未だになかなかのものだ。

 

 

 

ということで

イギリス議会は日本の議会よりも面白い。英語を学ぶ人なら、発音のいい英語を学ぶために、議会を覗いて見てもいいのではないか。