読む国会

国会・政治をわかりやすく解説するメディア

民進党・蓮舫代表が辞意を表明。民進党議員の様々な反応【まとめ】

 「民進党の代表を引く決断をした。先ほど開いた臨時の執行役員会で(辞任が)了承された」と蓮舫代表は報告。

 

その上で

「25日に両院議員懇談会が開かれた。都議選の総括並びに野田幹事長の重い決断を伝え、議員の皆さんの率直な思いに耳を傾けた。そして昨日1日どうすれば遠心力を求心力に変えることができるのか熟考させていただいた。その時に考えたのは人事ではなく、自分自身をもう一度見つめなおさなければいけないと思った」

「攻めの部分ではしっかりと行政監視をしてきた。今の安倍内閣のお友達を見ているかのような政治を、えこひいきや不平等、行政がゆがめられたとか途中経過が見えない政治は絶対許してはいけない。ただ一方で、受けの部分に私は力を十分に出せなかった」

「いったん引いて、より強い受け皿になる民進党を新たな執行部に率いてもらう。これが最善の策だ。民進党のためでも私のためでもない。国家の民主主義のために、選択肢として2大政党制の民進党を作り直すことが国民のためになる」

と辞任する決断をした理由を述べた。

 

 

民進党議員・候補者の反応

 

 

 

辞任に寄せて

私は、今回の辞任はとても残念である。

なぜこのタイミングなのだろう、という思いもある。様々な対応が後手後手に回った印象は拭えないし、今後の党運営にも決していい影響は与えないだろう。

何より、このタイミングで「蓮舫降ろし」が起きたことこそ、民主党から引き続き残る悪弊であるのではないか。

一致結束すべきときにまとまれない、悪い体質が全面に出てしまった。

 

岡田執行部〰蓮舫執行部は、個々の選挙では共産党との選挙協力もあり、当初予想より善戦しているものの長期的な低落傾向に歯止めがかかっていない。

 

蓮舫代表はいろいろとご苦労をされたのだろうと思う。台湾姓を用いながら、国籍の件などで攻撃されるのは心労もあったと想像する。

まだ政治家として老け込む年ではない。捲土重来を期待したい。

 

一番じゃなきゃダメですか?

一番じゃなきゃダメですか?