読む国会

国会・政治をわかりやすく解説するメディア

大西健介議員は、「陳腐なCM」について何を語っていたか【衆院/厚生労働委員会】

 

高須克弥氏が、大西健介議員の厚生労働委員会での発言に関して、提訴をするという発言をされた。

今回は、大西健介議員が厚生労働委員会で何を語っていたのかを、実際の発言から追ってみたい。

 

大西議員自身はこう語っている

www.facebook.com

問題にしたのは、名前と電話番号だけを連呼する派手なテレビCMを放映しているクリニックがフリーペーパーに掲載している広告は違反表示の見本市状態であることを実例を示して取り上げました。 

 

実際の審議内容

大西議員は、前段としてこのようなことを語っている。

高須氏の発言を引用しながら、「高須クリニックは違う」ということを大西議員は発言している。高須クリニック以外の美容クリニックが間違っている、というような趣旨ではないか。

 

それでは、問題の「陳腐」発言の前後はどうだろうか。

衆議院インターネット審議中継

大西健介議員 (美容業界は)普通の医療とは少し違う。すぐ治さなければいけないわけではなくて、客観的な医療の必要性ではなくて、患者の主観な意向に沿って施術が決まる。結果についても、綺麗になったかどうかは患者の主観で決まる。

また、美容医療を受けたことがある方は、普通は他人には余り言いませんから、口コミがあまり機能しない。自由診療であるので、金額が高くなる。こういう特徴がある。

 

だから、派手な広告であったり強引な勧誘による集客行為が行われる傾向があるのではないか。

一方では、医療分野においては原則広告が禁止になっていて、非常に限定的な事項しか広告することが認められていない。医療機関名や電話番号など。だからCMも陳腐なものが多い。

皆さんよくご存知のように、例えば「イエス○○」とクリニック名を連呼するだけのCM、また、若い女性がゴロゴロゴロゴロ、「0120」で始まる電話番号を言いながら転がっているものを見たことがあると思います。あるいは、テレビでおなじみのニューハーフタレントが音楽に合わせて踊りながら「○○美容外科」とずっと言い続けるというCMがよく見られる。

 

選挙でも、我々名前連呼をするわけですが、確かに知らない人の名前は書きませんから名前を連呼するわけですが、名前連呼だけでは、その候補者が何を考えているのかはわからないわけです。誰に投票していいのかわからない。

そういう意味で、こうしたクリニックの名前とか電話番号を連呼するだけのものは、患者が医療機関や治療方法を選択する上では、有用ではないと思うのですが。こういう広告は非常に陳腐だと思うのですが、大臣はいかがでしょうか 

 

塩崎厚生労働大臣 今取り上げていただいたものは、私も見たことがありますけど、医療法の広告規制の対象になっているわけで、医療機関の名称については、現行の広告規制で可能になっています。

現状の規制の範囲内で何を行うか、というのは個別の医療機関の判断ですが、それがどういう、矜持を持ってやっているかが出ることなのでので、法律的に触れていない限りは問題ないが、それとは違う価値観がありうるのではないか、とは思います

 

大西健介議員 私はバランスが悪いと思うんです、一方では電話番号やクリニック名を連呼するしか無い。ただ一方で、今回規制が入りますがホームページではフリーになっている。チラシとか雑誌で掲載されている広告がどうかというと、これはまた酷いもんなんですよ。

ある部分で非常に厳しくしているんですが、ある部分では歪みが生じていると。本来は、患者さんが治療方法とかクリニックを選択する上で有用なものであれば、私はテレビCMで流してもいいと思う

 

ただ、先ほど来言っているような、間違った誘引とか虚偽のとかはきちんと規制しなくてはいけない。

ある部分では非常に厳しいので、クリニック名だけ言っているけど、ある部分では滅茶苦茶やっているわけです。

*誤字脱字抜け漏れ等あるかと思います。実際の動画をご覧頂くことをおすすめします

 

質疑を見た所感

大西議員は、この文脈で言えば「医療法の規制が厳しすぎることによって、CMで流せる情報が極端に少なくなっている。そのため、患者が美容医療を選ぶための情報が得られていない」という文脈で質問されているように感じる。

つまり、「イエス!○○」というCMが陳腐だ、ということではなく、むしろそのような情報しか提供できない今の医療法がアンバランスではないか?という趣旨ではないか。

(その後の質疑で、フリーペーパーやチラシなどの実体を語られており、それらと比べてアンバランスではないか?というのが趣旨だ)

 

大西議員の質疑は、全体通して見れば、高須クリニックのCMに対する批判ではなく、むしろ医療法の厳しすぎる規制を批判しているのではないか。

少なくとも、(私の感覚では)これが特定のクリニックの名誉を毀損しているとは感じない。

大西議員の陳腐という言葉の使い方は適切ではなかったかもしれない。その意味で、高須氏が感情的に怒る気持は良く理解できる。

しかし、それと名誉を毀損しているかどうか、という点とは別の話である。

 

最後にはなるが、日本国憲法第五十一条に、免責特権がある。

これは、議員の発言の自由を最大限守るために憲法が直接定めたものだ。その点だけ、一言、付しておきたい。

第五十一条
両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。