読む国会

国会・政治をわかりやすく解説するメディア

今村雅弘復興大臣の「まだ東北でよかった」発言で審議はストップ。与野党の対応は?

 

www.news24.jp

今村復興相は25日夜、所属する自民党・二階派のパーティーで講演し、震災について「まだ東北で良かったものの、首都圏に近かったら莫大な被害があった」と述べた

この発言の後、安倍総理大臣はすぐさま謝罪、当初は辞任を否定していた大臣も、最終的には辞任を余儀なくされた。 

 

国会審議は完全にストップ

headlines.yahoo.co.jp

 

自民、公明両党は、東京都内のホテルで幹事長・国対委員長会談を開き、今村氏の問題を受けた国会対応を協議。衆院は午前中の審議を見送り、参院は終日審議を行わないことを確認した。この後、竹下氏が国会内の野党各党の控室を訪ね、こうした考えを示した。

自民党の松山政司、民進党の榛葉賀津也両参院国対委員長も26日午前、国会内で会談。一部の調査会以外、参院本会議と参院各委員会を取りやめることを確認した。  

 

www.youtube.com

民進党・山井国対委員長 今村復興大臣は議員辞職に値する。安倍総理の任命責任も極めて重い。予算委員会の集中審議を要求する。

民進党・山井和則国対委員長を中心に、野党は徹底的にこの発言の責任を追求する構えだ。

 

野党議員の反応

民進党・寺田学議員

日本共産党・小池晃議員

民進党・坂本祐之輔議員

民進党・山尾志桜里議員

 

 

 与党議員の反応

自由民主党・河野太郎議員

 

自由民主党・佐藤正久議員

公明党・遠山清彦議員

 

まとめ

どのような文脈であれ、東北の復興を第一の目的とする復興大臣が「まだ東北でよかった」という発言をするのは理解しがたいし、容認されるものではないだろう。

与党の側からも非難の声が上がっている。

また、野党の審議拒否ではなく、上記の通り与党からの申し入れで審議が止まっていること、そもそもこの発言をした大臣に責任があることは記しておきたい。